見積もり価格をしっかり確認|単身赴任なら格安プランを利用しよう

引っ越す場合のポイント

作業員とトラック

まずは荷物を減らす

仕事の異動で単身赴任をする場合には、極力荷物を減らして、引っ越し業者に依頼する荷物を少なくすることが大切です。移動距離が長くなればなるほど、料金は高くなりますので、できれば引っ越し業者を利用しないくらいの気持ちで引っ越す必要があります。単身赴任の場合には、引っ越し荷物もそれほど多くはありません。単身赴任で行くときには、荷物をほとんど持っていない状態ですから、引っ越し業者に配達を依頼するよりも、物を購入したお店に配達をお願いするケースの方が多くなります。ただ、単身赴任から戻る際には、荷物は多くなっていますし、一度に送らなければならないため、引っ越し業者に頼らざるを得ません。その場合も、できるだけ処分できるものは処分して、配達するものを減らす努力が大切です。少なくとも、トラック一台分を頼むよりも、単身赴任パックのようなコンテナ単位での引っ越しにすることで経費を抑えることができます。引っ越し業者が行っている単身向けの引っ越しパックであれば、一つのコンテナで、冷蔵庫と洗濯機とその他諸々の家電などを入れるだけのスペースがあります。大型の家具が加わると費用が高くなりますが、通常のサイズで収まれば2万円程度から配達が可能です。距離が遠くなると費用が高くなるので、量を減らすことで対応するしかありません。引っ越し業者に依頼する量を減らすためには、粗大ごみとして廃棄するか業者に買い取ってもらうかなどの対応が必要です。